ピアノ販売の株式会社ピアノプラザ

試弾希望の方はフリーダイヤル0120-666-484
千葉県野田市山崎1604-2 株式会社ピアノプラザ

ピアノ販売の株式会社ピアノプラザ
フリーダイヤル0120-666-484

ザウター 185Chippendale

185Chippendale
品番

ザウター 185Chippendale

年式

1984年製

サイズ

間口152×奥行185cm

価格

売約済み

★ローンお支払シミュレーション

付属品

高低自在椅子、キーカバー、オイル、クロス、

インシュレーター、調律1回(出張費別途)

保証

ピアノ 10年保証

配送

全国対応します。

明るくブリリアントな響きはさまざまな工夫と研究から生み出されます。
 
ザウターに限らずヨーロッパの一流ピアノには、ピアノを設計する際に、まずどのような楽器にするかというはっきりとしたコンセプトがあります。たとえば、スタインウェイは金属を上手に鳴らすことを考え、ベヒシュタインは共鳴板で音を作ろうとし、ベーゼンドルファーは箱でピアノの音を大きくすることを意図しました。一方、ザウターは、共鳴板をできる限り薄くし、かつ球状に膨らませることに意を注ぎ、ボリュームある開放的でブリリアントな音を、その独特な響板の形状と、基本弦設計、ケース・支柱の構造及び材料、そしてフレーム内の空気振動の往復とのコンビネーションによって達成しようと考えました。従って、響板からフレームまでの高さが前述した3社と比較して大きく、鋳鉄の内側はU字状に凹凸が作られています。U字状の溝は、音色効果のみならず、弦の張力を歪みなく支え、フレーム全体の強度を増すことにもなります。ザウターでは、南ドイツ・ウィーン派の特徴である、明るく軽やかな音を出すために、以下のような数々の工夫を施しています。